ゲイスキャFX

FX商材レビュー

ゲイスキャFXはネタか?稼げるのか評判・レビュー【もってぃー氏】

こんにちはカブラギです^^

本日のレビューはもってぃー氏の「ゲイスキャFX」です。

ネタみたいな名前のFX商材なので、まともな内容なのか少し怪しさが出てしまいますね(笑)

詐欺商材ではないのでそこは心配いらないのですが

 

キャッチコピーの

「世界一ワガママなFXの稼ぎ方」

は私たちにも再現可能なのか。

 

この商材を使って本当に稼げるのかが気になるところですよね。

「ゲイスキャFX」のコンテンツ内容と、この商材を使って稼ぐために重要なことも解説してますので、購入を考えてる場合は参考にして見てください。

 

ゲイスキャFXとは

商品名:ゲイスキャFX
販売社:クロスリテイリング株式会社
責任者:松野有希
所在地:東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラル12F
TEL:03-5244-5377
価格:42,984円(税込)

推奨通貨
ドル円(USDJPY)
ユーロ円(EURJPY)
ユーロドル(EURUSD)
ポンドドル(GBPUSD)
ポンド円(GBPJPY)
オージー円(AUDJPY)

 

「ゲイスキャFX」1分足を使ったスキャルピングが学べるFX商材です。

エントリーのタイミングを教えてくれるツールも付いてくるので、ツールが出すサインに従ってトレードしていきます。

スキャルピングなのでスプレッドの狭い通貨ペアを使い、押し目買い・戻り売りを狙っていくトレンドフォロー型の手法です。

 

スキャルピングは稼げる手法か

疑問

スキャルピングは稼げる人ならガッツリ稼いでる人はいます。

知識とテクニックを磨けば、稼げる可能性はある手法です。

 

ちなみにスキャルピングのメリットとしては以下の3点が大きい要素です。

(1)ポジションを翌日に持ち越さない

(2)経済指標に左右されない

(3)トレードチャンスが多い

それぞれ解説しますと

 

(1)ポジションを翌日に持ち越さない

例えばニューヨーク市場は日本時間で21時〜6時なので寝てる間によく動きます。

しかし、スキャルピングはポジションを翌日に持ち越さないので、不意の事故を防げます。

 

(2)経済指標に左右されない

スイングトレードをしてたりすると、重要な経済指標の発表時に相場の乱高下に巻き込まれる可能性があるのでこれも回避できます。

チャートの動きに集中してトレードすることができます。

 

(3)トレードチャンスが多い

1分足を使うので1日で50回以上のトレードチャンスがあります。

毎日アクティブにトレードしたい人には向いてますね。

 

以上がスキャルピングのメリットです。

では、次はデメリットについて解説します。

 

ゲイスキャルピングのデメリット

メリットデメリット

スキャルピングのデメリットはチャートの動きに翻弄されるという点です。

いわゆる「騙し」という奴ですね。

だまし:テクニカルの売買サインとは反対の値動きをすること

 

押し目買いのサインが出たから「買い注文」を入れたらサインとは逆に下がってしまった。

なんてことが起こります。

なので単純にツールのサイン通りにトレードしてれば稼げるという訳にはいかないのです。

 

この「騙し」はツールを使ったトレードではもっとも恐る現象であり、稼げない一番の原因でもあります。

「騙し」を完璧に見極められるようになれば稼ぐことは容易いです。

しかし、この騙しを見極めるのが至難の技なのです。

 

専業で長年プロトレーダーやってるような人ですら完璧に見極めることはできません。

ましてや、副業や片手間で習得できるレベルの技術ではありません。

なので、もしあなたがFXで現在進行形で稼げてないなら、ツールを使ったスキャルピングはあまりおすすめできません。

 

どうせツールを使って取引をするならサインツールよりも、「EA」のような自動取引ツールの方が稼げる可能性は高いです。

サインツールを使ったトレードでは「騙し」などを見極めるスキルが必要とされます。

しかし「自動取引EA」ならそういうスキルは必要ありません。

 

騙しのリスクも含めて利確と損切りをしてくれるので、リスクを最小限に押さえながら利益を狙っていけるのです。

それにFXで稼げてない人は「騙し」によるエントリーの失敗も多いのですが、

「利確と損切りのタイミングを誤ること」も大きな敗因になってます。

 

無意識のうちに利益を小さくして、損失が大きくなってしまうような利確・損切りをしてしまうのです。

エントリーも大事ですが、その後の決済のタイミングも重要です。

なので自動取引にエントリーも決済も任せた方が、リスク管理と利益追求の両方が可能になります。

 

実際にFXで稼いでる私の知人に、自作で自動売買EAを作った人がいるのですが、

その人が作った「自動取引のEA」は巷で横行しているような「詐欺まがいのEA」ではなく、しっかりと利益を出しています。

もちろん勝率100%という訳ではないですが本人も使ってるEAなのでとても堅実な運用」をしています。

 

「自動取引EA」が気になるという場合はこちらの記事を参考にしてみてください↓↓↓

自動売買EAで稼ぐ方法【FX業界の裏話】誰も知らない○○とは?

 

ラインチャートツールとは

さて、それでは話を戻してゲイスキャFXの手法について考察していきましょう。

一応ゲイスキャFXでは「騙し」対策でローソク足を使わない

「ラインチャート」を導入してます。

ラインチャート

 

ラインチャートとは終値だけをつなげて、折れ線で表したチャートです。もってぃー氏いわく

ローソク足は陽線・陰線・ヒゲでチャートが形成されていて情報量が多い。

ラインチャートでは1本の線で相場の動きを表してくれるので視覚的に方向性が把握しやすい。

展開の早いスキャルピングでは、このシンプルなチャートが相場を判断するのには適している。

とのことです。

 

確かに瞬間の勝負であるスキャルピングにおいて、視覚的に相場を判断しやすいというのは便利なチャートだと思います。

しかし、あくまで「見やすい」というだけであって「騙しを回避するためのチャート」ではありません。

エントリーするのか、騙しと仮定してスルーするかを見極めないと稼げません。

 

ゲイスキャアローとは

ゲイスキャアロー

名前がなかなかイカした名前のツールです。

個人的にこういうのは私は嫌いではありません(笑)

 

名前はジョーダンみたいですが、ゲイスキャアローは真面目なツールで

「グランビルの法則」という有名なロジックを使っています。

「グランビルの法則」

50年以上前にアメリカの投資分析家のジョセフ・E・グランビルが考案したチャート分析法です。

移動平均線と価格の離れ具合・方向を判断材料として、相場の動きを予測します。

 

移動平均線と現在の価格との位置関係には8つのパターンがあると言われています。

動きの早いスキャルピングでこれを判断するのは困難を極めます。

しかし、ゲイスキャアローではこの8つのパターンを自動で判断してサインをだしてくれます。

 

しかも値動きの小さいレンジ相場も自動判別して避けてくれます。

スキャルピングで大きな利幅を狙うためには、値動きが活発な通貨を選ぶ必要があります。

ゲイスキャアローではそれを自動で判断してくれるので、勝ちやすい相場を見つけられやすくなります。

 

トレードを簡略化する3つのサインツール

ゲイスキャFXにはラインチャートとゲイスキャアロー以外にも以下の3つの便利なサインツールがついています。

(1)エントリー準備サインツール

(2)決済お知らせサインツール

(3)トレンド転換サインツール

それぞれ性能を評価していきます。

 

(1)エントリー準備サインツール

エントリー準備サインツール

これはエントリーサインが出る前に「エントリー準備サイン」も出してくれるツールです。

スキャルピングは瞬間の勝負ですので、エントリーのタイミングが数秒遅れただけで損失が出る世界です。

 

モニターを何台も用意して1日中画面に張り付いてるプロトレーダーでもなければ、いきなりエントリーサインを出されても対応できません。

しかしエントリー準備サインツールは、トレンドが発生しそうな前兆をアラートやメールで教えてくれるので、即座に対応することが可能になります。

 

(2)決済お知らせサインツール

決済お知らせサインツール

決済のタイミングをアラートやメールでお知らせしてくれるツールです。

視覚的に把握しやすいので便利です。

利幅を最大化する目安を教えてくれるので、参考にすればトレードが楽になります。

 

(3)トレンド転換サインツール

トレンド転換サインツール

トレンドの方向が切り替わったタイミングを教えてくれるサインツールです。

こちらもアラートやメールでのお知らせ機能がついてます。

「トレンドの転換点」が分かれば、その後のトレードの流れも決まるので参考になるツールの一つですね。

 

「ラインチャート」「ゲイスキャアロー」「3つのサインツール」これらを使用すると相場を視覚的に把握しやすくなります。

時間との戦いであるスキャルピングにおいて、チャートが見やすくなると言うのは大きな利点ではあります。

 

しかし、これらのサインツールに従って、全てのサインにエントリーをしてると勝率が下がり、トータルの収益もマイナスになります。

先ほどもお伝えした通り、騙しを避けてエントリーしないといけないからです。

なのでサインが多ければ多いほど、その分リスクも高くなっているということに気づかなければいけません。

 

結局のところサインツールはエントリーする候補を教えてくれるだけです。

あなたはその候補の中から正解を選ばないと稼げません。

しかし現実は稼げてない人が大半です。

 

プロの投資家たちが高度な相場分析スキルを駆使しながら戦っている戦場で、4万円程度のサインツールで戦おうということ自体が最初から無謀なのです。

はっきりいってサインだけ出してくれるシステムでは太刀打ちできません。

しかし、FXで稼ぐ道が全くないという訳ではありません。

プロ並のスキルが無いなら最初から使わなければ良いのです。

 

どういうことかと言うと

サインツールではなく自動取引でのトレードの方が稼げる可能性があるということです。

サインが正しいかの判断する必要ないので、あなたの経験やスキルは関係ありません。

システムに任せることで、より高い確率で収益を伸ばせる可能性が広がります。

 

自動取引のシステムについてはこちらの記事で解説してます↓↓↓

自動売買EAで稼ぐ方法【FX業界の裏話】誰も知らない○○とは?

 

ゲイスキャFXで実際に稼げるの?

稼げるのか?

さてゲイスキャFXの総合評価をさせて頂きます。

ツールはどれも視覚的に解りやすいですし、スキャルピングをやるには便利だと思います。

FX系の情報商材の中では、かなり優秀な部類だと評価できます。

 

ただ、やはり裁量トレードが必要という点はマイナスです。

この商品自体が悪いと言うことではなく、それでは稼ぎ辛いということです。

理由は「騙し」を回避する技術が必要になるからです。

 

どんなに便利なツールを使っていても、そこに余分なプロセスが混ざると稼げません。

あなたがプロの投資家並の「稼ぐための知識と思考」を持っていれば問題ありません。

しかし、そこまでは達していないのでトレードに「稼げない思考」が混ざってしまうのです。

 

だから、サインを見てあなたが取引をするツールではなく、自動取引のシステムを取り入れた方が成功しやすいです。

相場の状況を判断して利確や損切りをしながら、トータルで収益がプラスになるような運用をしてくれるからです。

 

ただ、自動取引のシステムは詐欺まがいの商品が多いのも事実です。

無駄に高額で売られていたり、全く稼げないシステムを無料で配布していたりします。

だから、正しい商品を見極める必要があります。

 

基本的に高額なものは絶対に避けるべきですし、無料配布も選ぶポイントがあります。

これを知らないまま自動取引システムを選んでしまうと大損することになります。

自動取引システムを選ぶポイントはこちらで解説してますので参考にしてみてください↓↓↓

EA自動売買
【自動売買EAの裏側を暴露】稼げないFXツールを避ける方法とは?

EAによるFXの自動売買トレードについて、悪質な手口の実態やリアルな真実を解き明かします。また、そんな魔の手から逃れる方法についてもご説明させていただきます。

続きを見る

 

投資に限った話ではありませんが、基本的に世の中で売られている商品の「売り文句」を全て信じないように気をつけましょう。

最近は一目で詐欺と解るような商品は減ってきてますが、商品内容を吟味すると、その商品のウィークポイントは見えてきます。

情報は大切だということですね。

-FX商材レビュー

Copyright© 自動売買ツールで稼ぐ!低リスクでFX不労収入を実現するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.